クロームメッキ 磨き

クロームメッキのサビ取り

メッキングを使おうと思っても、すでに錆びていたり、あまりに錆びがひどい場合などには、サビ取りに最強の「サビトリキング」もあります。

 

サビトリキングのメリットは、クロームメッキに反応しないで、サビにだけ反応するケミカルだという点です。大抵の錆取り剤って、サビ落としもできるけど、クロームメッキも剥がれてしまうということが多いんですよね。

 

サビトリキング

 

けど、このサビトリキングは、クロームメッキはきちんと残したままでま、サビだけを取ってくれるんです。(ステンレスにも使用できます)

 

それと、注意したいのは、研磨剤が入っているので、サビトリキングでサビ落としをしたら、すぐにメッキングでコーティングする必要があります。

 

 

なので、クロームメッキの手入れがしたいけど、すでに結構なサビがある、という方は、サビトリキングとメッキングをセットで使うのがおすすめです。

 

 

ちなみに、サビトリキングは万能ではないので、どんなサビも落ちるというものではありません。それに結構磨きこまないといけない場合もありますよ。(^_^;)

 

あと、サビトリキングを使うとき、クロスは新しいものを使った方がいいですよ。新しいクロスの方が、サビの落ち具合がいいですし、メッキも痛めないですから。
僕も経験しましたが、ケチって、家の雑巾などでこすると、労力も使うし、布に吸収されてサビトリキングの量も無駄に減ります。

 

クロームメッキの表面にぷつぷと浮いた小さな点錆だけでなく、錆びが固まってしまって、いるような箇所にも使えるので、重宝しますよ。

 

>>サビトリキングの詳細はこちらから<<